トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格の歴史は

整体師の資格の歴史は

昭和35年に整体師という仕事は、人の健康に害を及ぼす恐れのない療術行為は禁止の対象とならないと最高裁判所の判例で判示されているようで日本国憲法における職業選択の自由に属するとされているようです。現在では身体がゆがんでいる子供たちが増えているようですが、その原因にはパソコンやテレビゲームなどの普及があげられているようです。整体師として経験を積み自分の技術に自身がついてくると、お客さんの身体を癒すという本来の目的を忘れてしまい、自分勝手な施術を行う整体師もいるようです。

整体師とは法律的な名称では療術師と呼ばれるようで、電気・指圧・温熱・刺激・手技による施術を行う人のことをいいます。整体師の資格は民間資格であり、関連の団体が国家資格に向けて様々な努力をしている最中なのですが、現状ではいくつかの民間資格が自称で立ち上げている状態となっているようです。整体師とは鍼灸師、あんま、指圧、マッサージ師、柔道整復師以外の職業のことをいうようでうす。

整体師とは施術を行うことによって背骨や骨盤などの骨格のバランスを整え、腰痛、肩こりなどの症状の改善やそれらが原因で起こる病気の予防を行う人のことをいうようです。日本では既に、あん摩マッサージ指圧という国家資格があるために整体、カイロプラクティックというかたちで仕事をはじめ、独立開業することは社会的になかなか難しいようです。

整体師という職業は技術職なので、自分の技術にプライドを持って仕事に望んでいる方も多くいるようです。しかし、中には初心を忘れて独りよがりな施術になりがちな人もいるようなので、初心を忘れずに謙虚な姿勢で仕事をすることも大切だと思われます。整体師になるには資格は必要ないようですが、独立開業を目標にするのであればそれを見越した学校や講座を選び、経営の勉強をしておくことも良いかと思われます。また、関連の業界団体と相談するのもひとつの手です。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格を専門学校で取得

現在のところ、整体師になるためには、特に資格は必要ないようです。しかし、関連の専門学校などに通い、きちんとした指導者のもとで学ぶことは大切であると思われます。これまでにも整体師になるために、関連の専門学校に通い、そして卒業して、その学校の整体師認定資格を取得し、現在は整体師として活躍している先輩も多くいるようです。整体師の療術は施術者によって異なっており、様々なやり方があるため、先輩の話を聞くなどして多くの経験を積む必要があるようです。