トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格を職業にする

整体師の資格を職業にする

整体といえば年配の方を相手に行う施術や、スポーツをする人の身体を癒す為の施術というイメージを持つ人が多いようですが、最近では小・中学生などの若い世代が肩こりなどで施術を求めるケースも増えているようです。整体師は一日中施術をしなければならないので、技術だけではなく体力も必要となってくるようです。一般的に柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ師・指圧師という職業は免許がなければ開業できません。これは医業類似行為という法律によるものですが、整体師はこの法律には当てはまらなく、免許などの規制も特に必要なしに、技術さえ身につけておけば誰でも整体師として独立開業を行うことができるようです。

整体師は、現代人が抱える日常生活のストレスや姿勢などが原因で起こる脊髄のずれやゆがみを矯正し、患者の持つ症状を緩和することが主な仕事となっているようです。独立開業している整体師のなかには院内のみならず患者宅に出張し、施術を行う整体師もいるようです。整体の仕事に就きたいと考えるのであれば勉強期間のあいだに技術以外の色々な経験も積み、身につけておくことも大事だと思います。

整体師の仕事の内容としてまずあげられるのが、カルテを作成し、患者の症状などを記入することによってそれらを把握します。そして、患者に問診を行い、的確な治療を行うことです。直接患者と接する仕事なので、人と話すことが好きな人や明るい人はこの仕事に向いているかもしれません。その他に体力のある人、立ち仕事が得意な人も良いと思われます。

施術の内容は患者の問診の内容と、実際に触診などを行った結果によって決めていきます。患者の希望もありますので施術時間は短くて10分程度、長ければ1時間以上の場合もあるようです。施術内容は、患者の症状や施術時間によって様々で、そのときの状況を考えて行わなければなりません。主な職場として整体治療院、整形外科クリニック、病院などがあげられます。その他にも、スポーツ選手などに専属でマッサージやリハビリを行う場合もあるようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格について

整体師が行う施術は、患者の骨格や筋肉の位置など身体全体のバランスを調整し、神経やリンパなどの働きを活性化して自然治癒力を最大限に発揮させる療法となっているようです。それにより、運動能力や内蔵機能を正常な状態に導いていくようです。通信教育は、事情があり、まとまった時間が取れない人のためにつくられており、時間を気にせずに学ぶことができるようです。