トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格経験

整体師の資格経験

整体師の仕事は、整体院やリラクゼーションサロンなどで勤務して、より多くの患者に接し施術技術の向上、接客の仕方や経営の仕方などを学ぶことが望ましく、経験を積んでいくことが大切なようです。マッサージ師や鍼灸師などの職業とは違って、独立開業を行うのに、特に免許が必要ではないため、治療院などで働く多くの整体師の人が早期退職して独立開業を目指すケースも増えているようです。

治療院以外の職場としては、総合病院などや鍼灸治療院で勤務する形態があります。整体とは民間療法となっているようで、症状を訴える患者の骨格の歪みやズレを矯正し、調整して症状の緩和や改善するのを目的に行われているようです。流れとしては、整体師が問診という形で患者の話を聞いて、施術内容を相談し、その患者に合わせた施術を行っていくようです。個人によってそれぞれ異なりますが主な施術内容としては、背骨や骨盤の矯正を行い、身体の歪みやズレといった症状を緩和、改善することです。整体師の資格については、関連の団体が国家資格に向けて様々な努力をしているようですが、現状ではいくつかの民間資格が自称で立ち上げている状態となっているようです。

整体師として就職、独立開業する一般的な方法としてまずあげられるのが、関連の専門学校に通って資格を取得することです。そして、整体院などで勤務し、経験を積んで独立開業する人もいるようです。また、フランチャイズ店のオーナーとして活躍する人や、出張専門で施術を行う人など様々な働き方があるようです。整体師の仕事は整体術、整体法、整体療法と色々な呼ばれ方があります。

現在日本では、あん摩マッサージ指圧という国家資格があるため、整体という仕事は独立した医療として認められにくいという社会的背景にあるのが現状です。言い換えれば、決められた法律がないということなので、法的には整体師としての正式な届出の必要がないので、独立開業などがやりやすい仕事かもしれません。仕事内容は、様々な手技を用いて患者の背骨や骨盤の歪みやズレを矯正し、症状の緩和や改善を行うこととなっているようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格の歴史は

昭和35年に整体師という仕事は、人の健康に害を及ぼす恐れのない療術行為は禁止の対象とならないと最高裁判所の判例で判示されているようで日本国憲法における職業選択の自由に属するとされているようです。現在では身体がゆがんでいる子供たちが増えているようですが、その原因にはパソコンやテレビゲームなどの普及があげられているようです。整体師として経験を積み自分の技術に自身がついてくると、お客さんの身体を癒すという本来の目的を忘れてしまい、自分勝手な施術を行う整体師もいるようです。