トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格の資料請求をする

整体師の資格の資料請求をする

専門学校を選ぶ際、出来るだけ多くの資料請求を行うほうが良いと思われます。ほとんどの資料請求は無料となっているようなので積極的に資料請求を行い、自分に合った学校をみつけるようにしましょう。整体師とは、鍼灸師、あんま、指圧、マッサージ師、柔道整復師以外の職業の人をいうようになっているようです。

学校によって授業のカリキュラムやレッスン期間、就職支援体制、アフターフォローなどが大きく異なっているようなので、資料請求や説明会、卒業生による話などからなるべく多くの情報を集めた上での学校選びが望ましいと思われます。また整体師によって行われる施術方法は決められたものがないため様々な施術方法が存在します。機会があれば話を聞いたり、見てみたりするのも良いかと思われます。腰痛や肩こりなどの不調を改善したり、病気予防に役立てるための技術を施す人が整体師となっているようです。

整体の仕事は特に資格がなければ開業・施術ができないというわけではないようですが、専門学校などで独自に設けられている認定資格や国家資格となっている、あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するなどすれば、整体の仕事をしていく上で有利になることと思われます。一般的な職業名として整体師と呼ばれていますが、法律的な名称では療術師と呼ばれるようになっているようです。

患者が訴える症状を改善するためにはどのような施術を行えばよいかを決めるために、問診や触診、検査などを行い患者の身体の状態を見極めて施術方法を考え、そして実際に施術を行い、背骨や骨盤などの身体の骨格のバランスを整えることによって、腰痛や肩こりなどの不調を改善したり、病気予防に役立てるための技術を施す人のことを整体師というようです。資格などは特に必要ないようですが、専門学校などで正しい知識と技術を身につけるのが望ましいようです。しかし、中には家庭の事情や仕事の都合などで専門学校に通えない人もいるようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格を取って経営者に

整体師として勤務する職場として整体院やカイロプラクティック院、リラクゼーションサロンなどがありますが、これらは場所によって時給制や歩合制など様々な種類があります。独立開業して自分で整体院などを経営した場合は、収入を多くすることも可能となってくるようですが、毎月の店舗代や道具代、そしてスタッフを雇う場合は人件費など様々な経費が必要となってくるため経営に関しての勉強が必要になってくるようです。