トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格の実技

整体師の資格の実技

現在、整体師の仕事が大変注目されているようです。整体師になるには実技はもちろんのこと、その他に心理学や生理学、運動学の知識、骨や筋肉、臓器などの知識などが求められます。症状を訴える患者に対して、電気・指圧・温熱・刺激・手技や整体専門の器具などを用いて、背骨や骨盤の歪みやズレを矯正して、筋肉のハリや肩こり、腰痛など症状を緩和したり改善することが目的に行われる施術を行う職業の人のことを整体師というようです。

整体師が行う施術内容は決められたものがないようなので、人によって施術内容はそれぞれ異なってくるようです。通信教育などで整体の勉強をしようと考えている人は、指導してくれたり、質問できる先生が目の前にいるわけではないので、しっかりとした自己管理が必要になってくるようです。整体師は、法律的な名称では療術師と呼ばれるようです。

医師が行える医療行為とは別に、医業類似行為という法律があるようです。医業類似行為という法律によって柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ師・指圧師などは免許がなければ開業できないようになっているようですが、整体師に関しては法律上、特に規制はなく、技術を身につければ誰でも整体師として開業できるようになっているようです。整体師の仕事はある程度の体力も必要となってくるようですので、技術だけではなく、自分自身の健康や体調の管理もしっかり行わなければならないようです。

整体とは施術を行うことによって筋肉、血液の循環、関節の状態を改善させるさまざまな療法の総称となっているようです。整体の適応範囲は非常に広く、肩こり、腰痛、冷え症、神経痛、頭痛、めまい、高血圧、ぜんそく、胃痛、便秘、下痢、婦人科疾患、自律神経失調症、疲労回復、ストレス解消、原因不明の疾患などと言われているようです。事情があり専門学校に通えない人のために、通信教育などで時間を気にせず勉強することもできます。これは、自分のペースで学ぶことができるというメリットがありますが、実技に関しては慣れるのに時間が掛かるかもしれません。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格の内容

現在の整体の紀元は日本武術に伝わる療法に、伝統中国医学の療法、オステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米の療法、その他様々な創意工夫を加えたものとされているようです。それらが時間を経て現在の整体という仕事になり、手技や電気・指圧・温熱などを使って、筋肉のハリや肩こり、そして腰痛などの体の不調を訴える人に施術し、更に、背骨や骨盤の歪み・ズレを矯正することで症状を改善をするという自然治癒力を高める療術業となったようです。