トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格は民間資格

整体師の資格は民間資格

整体師の通信講座を選ぶ際、めんどくさがらず、なるべく多くの資料請求を行うほうが良いかと思われます。どの整体師の通信講座を選ぶかによっても勉強の仕方などが変わってくるかもしれません。実技に関しても、なにかサポートがある講座があるかもしれません。講座選びは大変重要だと思われます。一般にいわれている整体師とは、鍼灸師、あんまマッサージ師、柔道整復師以外のものを指しているようで、電気・手技療法などによる医業類似行為をする職業をいうようです。

整体師とは、自然治癒力を高める療術業をいうようで、手技や電気・指圧・温熱などを使い、肩こりや腰痛など、体の不調を訴える人に施術し、背骨や骨盤の歪みを矯正することで体全体のバランスを整えることをいうようです。専門学校によって異なるようですが、整体療術師、整体施術師、中国整体師、美容整体師、整体気功師、快整体師、錬手整体師、姿勢保健均衡師、バランス整体師など多くの呼称は整体師と同じ意味で使われているようです。

整体の仕事は、資格を持っていなくても法的には問題はなく、整体師として活躍できるようです。場合によっては患者のプライベートの悩みの相談相手をすることもあるようです。そのため、人とのコミュニケーション能力も必要であるようです。整体師が行う施術には決められたものがなく、学んできた専門学校や勤務先の施術方針、また患者の症状などによって大きく異なってくるようです。なので、整体師の仕事は多くの経験がものをいう職業で、応用力があるほうが望ましいようです。

そのため、学校などに通いながら整体院やリラクゼーションサロンなどで勤務し、整体師としての技術や患者との接し方、そして整体院の経営の仕方など様々なことを学ぶ必要性があるようです。施術を求める患者の中には身体の症状はもちろんのこと、日常生活からのストレス解消を望む人もいるようです。なので身体だけでなく、心を癒すような施術も求められているようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格の内容

現在の整体の紀元は日本武術に伝わる療法に、伝統中国医学の療法、オステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米の療法、その他様々な創意工夫を加えたものとされているようです。それらが時間を経て現在の整体という仕事になり、手技や電気・指圧・温熱などを使って、筋肉のハリや肩こり、そして腰痛などの体の不調を訴える人に施術し、更に、背骨や骨盤の歪み・ズレを矯正することで症状を改善をするという自然治癒力を高める療術業となったようです。