トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格の知識

整体師の資格の知識

多くの経験を積み自信がついてきたら独立開業することも可能のようです。独立開業する方法として挙げられるのは、テナントを借りて開業したり、フランチャイズ店のオーナーとして活躍したり、店舗は構えずに出張専門で行うなど様々な方法があるようです。整体師は技術職と接客業の両面を持っているので、技術と接客センスのどちらもバランスよく身につけなければならないようです。技術を身につけるには、専門学校などで学ぶか、また、整体院やスポーツジムなどの求人で入門することが一般的となっているようです。

整体師になるには特に資格は必要はないようです。そのため、基礎的な医学的知識や整体理論、触診法など整体師として必要なスキルを身につけるために、専門学校や整体院などで学ぶということが必要となっているようです。普通、医師が行う医療行為とは別に、医業類似行為という法律があるようですので、柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ師・指圧師などは免許がなければ開業できないようですが、整体師は法律上、特に規制はなく、技術さえあれば誰でも整体師として開業することができるようです。

整体師になるためには、専門学校で知識と技術を勉強して、その学校の認定を受けるようです。整体には様々な種類があるようで、カイロプラクティックに近いものや、気功を取り入れたものなど流派によって多くの形が存在しているようです。専門学校選びの段階で、自分がどのような整体がしたいのかを考え、自分に合った学校を見つけることが大切だと思われます。

専門学校を選ぶ際、学校を通学にするのか通信教育にするのかというのも大事だと思われます。資格は特に必要ないのですが、東洋医学的なツボの概念の知識なども勉強しておけばさらに良いでしょう。整体師の実際の仕事のおおまかな内容としましては、まず問診により患者の症状やこれまでの病歴などを聞いてカルテに記入しまとめます。次に、触診などで症状を把握した上で、患者と相談して施術の内容を決めていくようになっているようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格を専門学校で取得

現在のところ、整体師になるためには、特に資格は必要ないようです。しかし、関連の専門学校などに通い、きちんとした指導者のもとで学ぶことは大切であると思われます。これまでにも整体師になるために、関連の専門学校に通い、そして卒業して、その学校の整体師認定資格を取得し、現在は整体師として活躍している先輩も多くいるようです。整体師の療術は施術者によって異なっており、様々なやり方があるため、先輩の話を聞くなどして多くの経験を積む必要があるようです。