トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格講座

整体師の資格講座

患者の身体の歪みやズレの状態を触診などで把握し、施術内容を決めたら、その内容に沿って施術を始めていきます。施術方法は様々で、温熱療法、光熱療法、電気療法、刺激療法、手技療法などの方法があるようです。その患者に合った施術方法で施術を行い、背骨や骨盤などの歪みやズレを矯正し、それらが原因で起こる筋肉のハリや肩こり、そして腰痛などの症状の緩和や改善を行います。また、ストレスの解消を行えると尚良いでしょう。

主な就職先は整体院などの治療院でしたが、近年ではクイックマッサージのサロンやホテル、健康増進施設、エステサロンなどが増えてきました。これらは癒しに重点を置く業種であり、これからさらに広がっていくと思われます。最近では整体師は人気の仕事になってきているようです。仕事内容は、人間が本来誰でも持っている自然治癒力を高めることで、健康を回復させる医業類似行為を行う職業となっていて具体的には、背骨や骨盤の歪みやズレなどからくる身体の不調を訴える患者に対し、手技療法などを用いて施術を行い、身体の症状の改善を行うこととなっているようです。

整骨・針・指圧などの医院は基礎医学は既に学習済みなので、整体を必要とする場合は整体師の短期講座で学ぶという方法もありますが、基礎医学の履修が終わっていない人には短期で整体師になる為の講座はオススメできないようです。整体のやり方は理解できるかもしれないようですが整体の特性・整体哲学などは基礎から学んだほうが良いと思われるからです。整体師の仕事内容ですが、まずは患者のカルテを作り症状や病歴を記入するようです。

次に問診を行い、患者が抱えている症状をしっかり把握します。そして触診や整体検査を行い、身体の歪みやズレなどの状態を確認します。それらを踏まえて、患者と相談しながら施術の内容を決めていくようです。整体師は国家資格ではないようですので、法律上の制限に縛られることがなく、技術の向上を目指すための自発的な研究などが自由に行えるようです。しかし、常識の範囲を超えてしまわないよう気をつけなければいけません。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格と技術

整体師になるための技術や知識を身につける手段は、関連の専門学校に通い勉強していくか、また整体師に直接、弟子として入り技術や知識を学んでいくといったような様々な方法があるようです。整体師は国家資格ではないようですので、技術や知識を身につけておけば誰でも独立開業することが可能となってくるようです。しかし、整体師の仕事は技術職ですので、修行期間をつくりその間に多くの経験を積まないと難しいようです。