トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格と進路

整体師の資格と進路

整体師という仕事は経験がものをいう職業となっているようです。なので、関連の専門学校で学び、卒業したあとの進路について一般的なのは、整体院やリラクゼーションサロンなどに勤務することだといえるようです。それらで働きながら、様々な整体の施術技術や接客の仕方、整体院の経営などについて学び、より多くの様々な経験を積むことが必要となってくるようです。

整体師になるためには短ければ6ヶ月くらい、長ければ2年くらいの期間で専門学校に通うか、通信教育などで勉強し、専門の技術や知識、その他関連のある理論など、幅広く学ぶ必要があると思われます。日本国憲法第22条第1項に「何人も、公共の福祉に反しない限り、職業の選択の自由を有する」という項目があるようで、これによって整体師・カイロプラクターの職域を侵すものではないという大前提ができているようです。そして、経験を積んできたら独立開業も可能となってくるようです。

整体師は国家資格ではないようなので、法律上での細かい決まりごとなども少なく、技術の向上のための研究や学習が自由に行えるようです。なので、このようなメリットを上手く活用し、就職・開業等グローバルな活動を行うことができるようです。独立開業する手段として、テナントを借りて整体院を開業したり、フランチャイズ店のオーナーとして活躍することなどがあるようです。整体・カイロプラクティックは正しい技術を身につければ、体重や身体を上手に使ってできるようなので、必要以上に筋力を使わずに行えるようです。

ですので正しい技術を身につければ、女性や中高年の方でも整体師として活躍できるようです。最近では、女性や中高年の取得者も増え男女問わず人気があるようです。志望理由の中で多いのは、身近に腰痛や肩こりで悩んでいる人がたくさんいるのを見て、自分が役に立ちたい、人に感謝される仕事をしたいという理由があるようです。整体・カイロプラクティックは、ある程度生まれ持ったセンスにも左右されるようで、向き不向きがあるようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格経験

整体師の仕事は、整体院やリラクゼーションサロンなどで勤務して、より多くの患者に接し施術技術の向上、接客の仕方や経営の仕方などを学ぶことが望ましく、経験を積んでいくことが大切なようです。マッサージ師や鍼灸師などの職業とは違って、独立開業を行うのに、特に免許が必要ではないため、治療院などで働く多くの整体師の人が早期退職して独立開業を目指すケースも増えているようです。