トップ 整体師について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

整体師.net > 整体師の資格について

整体師の資格について

整体師が行う施術は、患者の骨格や筋肉の位置など身体全体のバランスを調整し、神経やリンパなどの働きを活性化して自然治癒力を最大限に発揮させる療法となっているようです。それにより、運動能力や内蔵機能を正常な状態に導いていくようです。通信教育は、事情があり、まとまった時間が取れない人のためにつくられており、時間を気にせずに学ぶことができるようです。

整体師は国家資格ではないようなので、資格がないから施術が出来ないということはなく、法的には問題ないようです。患者によってはプライベートの悩みを相談してくる人もいるようなので、コミュニケーション能力も必要になっているようです。整体師の行う施術には決められた施術方法はないようで、人によって様々な施術内容があるようです。専門学校では、経験豊富な整体師によって様々な実践教育が行われているようです。

専門学校では、解剖学や生理学の学習、手技や専用器具を使った療法技術、そしてお客とのコミュニケーション方法などを学ぶことができるようです。その学校の得意な整体治療法に美容があれば美容整体、スポーツであればスポーツ整体となっているようです。国家資格という言葉に比べ民間資格というのはあまり聞きなれない言葉だと思われます。民間資格とは、民間の企業や団体が独自に設けた資格と言われているようです。開業した場合は、1ヶ月25日営業で、1日患者4~5名とすると、月100~125名くらいの総来院数になるようです。

整体師は、専門学校などによる認定やまた関連の団体による認定により各種整体学校や各整体協会などがそれぞれ独自に認めている民間の資格という扱いになっているようで、日本では現在のところ国家資格は無いようです。そのため、同じ認定資格を持つ整体師でも、人によって施術の技術レベルも違ってきているようです。最近では、男女問わず人気があるようで、志望理由の中で多いのは、身近に腰痛や肩こりで悩んでいる人がたくさんいるのを見て、自分が役に立ちたい、人に感謝される仕事をしたいという理由があるようです。

整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授いたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日のお勧め記事 ⇒ 整体師の資格を専門学校で取得

現在のところ、整体師になるためには、特に資格は必要ないようです。しかし、関連の専門学校などに通い、きちんとした指導者のもとで学ぶことは大切であると思われます。これまでにも整体師になるために、関連の専門学校に通い、そして卒業して、その学校の整体師認定資格を取得し、現在は整体師として活躍している先輩も多くいるようです。整体師の療術は施術者によって異なっており、様々なやり方があるため、先輩の話を聞くなどして多くの経験を積む必要があるようです。